本文へ移動

薬剤部

薬剤部の業務

調剤・服薬指導

当院では院外処方箋の発行を行なっており、院内薬剤部では入院患者 さんのお薬の調剤が主となります。  
お薬を安心して適正に使用していいただけるよう処方内容(薬の名 前、容量、用法、お薬の飲み合わせ、禁忌等)を確認しながら調剤して います。 
必要に応じてお薬の量やのむ時間、使い方、効能、注意点、のみ合わ せなど、お薬をより有効に安全に使用する上で大事なことをご説明しています。

持参薬管理

入院されるとすぐに行われるのが、持参薬ののむ量やのみ方などの確認です。患者さんの持参薬の成分や内容量、相互作用を調べます。薬剤師は、これらの情報を医師に伝達し、必要なお薬が途切れることのないよう、持参薬を安全に使用していただけるよう支援、管理を行っています。

医薬品情報提供

薬剤師には、病院内の他の医療関係者に、厚生労働省や製薬会社などから出される最新情報を提供するという役目もあります。これにより、薬物治療をより安全かつ効果的に行うよう支援しています。

薬物治療モニタリング(TDM)

薬剤の中には有効濃度域が狭く、すぐに副作用がでてきてしまうものがあります。そのような薬剤を使用する場合、血中のお薬の濃度を測定しながら、投与量を決定し、治療をモニタリングする、TDMといった手法が有用です。

医薬品の管理と供給

医薬品の発注・納品・出庫を在庫管理システムで効率的に運用しています。このシステムの活用により、医薬品の購入状況や供給状況を調査し、医薬品の管理に役立てています。 
また、院内各所に在庫する医薬品の整備に努め、薬剤が適正に使用されるよう配慮しています。

薬剤師が関わる“チーム医療”

医師や看護師等の他業種と連携し、薬剤師は以下のようなチーム医療 にも参画しています。

感染対策チーム 
院内環境ラウンドへの参加や、アルコール手指消毒薬使用推進などに貢 献し、医療が安全に機能できる環境作りを目指しています。
 
栄養サポートチーム 
栄養管理は全ての治療の基本です。個々の患者さんの栄養状態を改善す るため、疾患や治療に応じて様々な職種が関わり連携しています。 

他施設との連携

介護老人保健施設花の里、特別養護老人ホーム美保の里当院の薬剤師は他の2施設との連携会議にも参加しています。
医療法人元町病院
〒684-0033
鳥取県境港市上道町1895-1
TEL.0859-44-0101
FAX.0859-44-5623
2
1
4
5
9
0
TOPへ戻る